不動産業者の選び方

 

不動産を売却する時には、自分の手で買い手を探し売却するよりも、不動産業者に業務を依頼する方がより確実でスムーズに売却が進むのが一般的です。
そこで重要になるのが、どの業者に売却業務を依頼するかという、業者の選択の条件です。
数ある不動産会社のなかから、社会的にも信頼性が高く、しかも実績の豊富な業者を選んで売却業務を依頼するのが当然のことです。
不動産会社の信用度を調べるためには、売却業務を依頼する前に業者名簿を閲覧することです。
業者名簿は都道府県の宅地建物取引業の担当部局に備えてあり、誰でも閲覧料を支払えば見ることができます。
そこで、業者名簿のチェックポイントについて述べてみます。
担当部局では、不動産取引にかかわる相談も受け付けてくれます。

業者名簿のチェックポイント

過去の営業実績
原則として過去5年間の営業実績が、取引態様別などに表記されていますので
 
どの分野でどの位の実績を持つ会社か調べられます。
事業の沿革
古くから営業しているのか、最近の不動産業を始めたのかが分かります。
代表者・役員
代表者や役員の経歴が分かります。
取引主任者
事務所ごとに専任の取引主任者の氏名・経歴が分かります。
資産と決算
個人営業の場合の代表者の営業資産状況や、法人の場合は決算状況を
 
調べることができるようになっています。
過去の変更状況
商号、役員、支店などを変更した場合の届出書も閲覧できます。
 
その変更状況は、経営の安定性などを知る目安になります。
兼業業種
宅地建物取引業以外に行っている業種も分かります。
事務所写真
宅地建物取引業を行う事務所として届け出ている事務所の外観、
 
内部の写真が添付されています
行政処分歴
過去に業務停止等の処分を受けているかどうかが分かります
公認・コンサルティングマスター・一級ファイナンシャルプランニング技能者・行政書士資格者等が 専門家の立場で皆様個々の状況に応じた適切なアドバイスを無料にて提供させていただきます